遺産の分割

 

 相続手続き

故人の財産の分配手続きです。

相続する人や相続する割合は民法に定めがありますが、相続放棄や遺産分割協議等を利用することで、

比較的自由に相続財産の分配が可能です。

例えばお父様がお亡くなりになられた場合、奥様と子供全員が法定相続人ですが、「全財産を長男へ」とい

った分配や、「不動産は長男へ、その他の預貯金はお母様へ」といった分配も可能です。

相続放棄の申述書作成や遺産分割協議書の作成、相続登記や遺産分割の方法のアドバイスなどを行

っています。

また、登記上の名義人変更の場合、故人から相続する方へ変更する手続きの場合、法務局へ登記申請

をしない限り、自動的に変わることはありません。

なので土地が先々代さま名義のままといったケースもありえますが、こういった場合や、またはもっと古い

方の名義のままでも、手続き的には変更が可能です。

 

 

 遺言

遺言(正式には「いごん」と読みます)にはいくつかのやり方があります。この遺言の方式は民法に定めが

あり、効力を生じさせることができる内容にも決まりがあります。これらの定めに従っていない遺言は無効

(もしくは一部無効)な遺言となるので注意が必要です。

当事務所では有効な遺言とするのはもちろん、残された相続人に遺言者の思いが伝わるよう、相続人間に争いが生じないよう、司法書士や遺言執行者としての経験を活かし、その内容のアドバイスや作成のお手伝いを

行っています。

遺言は死後の相続争いを未然に防ぐために有効な手段です。

多くの皆様に活用いただきたい制度です。

▲このページのトップに戻る